スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キミも、ちゃんと幸せでしたか。
映画マーリー観ましたヽ(・∀・)ノ

すごく良かったですよー!!
これ、ただの犬の映画とかじゃなくて本当の話なんですね。
作りもののお話じゃないので、泣かそうってのがなくて良かったです

我慢しなかったら声出して泣けてました・・・
本当に、犬はかわいいなぁ~

いちいちわかり過ぎるくらいわかるので
愛犬家は絶対観たらいいお♪
そうでなくても、笑えるし、犬を飼うというただ可愛いだけじゃないって事も
理解できると思います。

マーリーがラブラドールレトリバーって所でも
同じレトリバー系のバンさん(ゴールデン)と一緒にいたミホには
感情移入するにはそう、時間はかかりませんでした。

この映画は、無名の作者が書いた本当の話で
読者やら書店の定員に愛されながら、少しずつ広がって全米でベストセラーになったらしいです。
これは本も読まないとっっ!!!

さて、続きはネタバレ注意!!



最初はホント笑えました( ´艸`)
若い夫婦が子育てに自信を持つために買い始めた犬
それがマーリーです

家に連れていく時にラジオから流れるボブ・マーリーの曲
そこからマーリーという名前になりました。

なんでも食べるし、家具は破壊・・・
壁も床もめちゃくちゃ(ノω`*)
(うちのリュウとバンも大変でしたよ・・・)

しつけをしようと、訓練所に連れていくも
その自由な暴れっぷりに、もうこないでくださいと言われてしまうマーリー

いつもは元気が溢れてて、じっとしてないのに
誰かが悲しみに暮れていると
そっと傍にきて、膝の上に顔を乗せる
(あ~うちのバンさんもそうでした;;)

何年かして、夫婦に子供が出来るんですけど
子育てとマーリーの世話にイライラしてくる奥さん
「マーリーなんかいらない」と言ってしまうんです。
そんなこと、本気で思ってないのに・・・
(上手くいかないと弱いものにあたってしまうのが人間ですよね
そゆ自分が一番弱いんですよね・・・)

「なにか問題が起きた時には一緒に解決をしよう」
そんな夫婦のかたちも描かれてました。

子犬時代から成犬・・・そして年をとる・・・

だんだん足も元気がなくなったマーリー
老犬になっったマーリーと飼い主が空を眺めるシーンとか
なんとも切ない・・・

もうお別れかもしれないと病院にいるマーリーを家で待つ長男が
小さい時からのホームビデオを観るんですが
いつも、自分の傍にはマーリーがいました。
そのビデオを観ながら、悲しみを乗り越えようとする姿とか・・・

最後は病気でマーリーが逝ってしまうんですが
もう年なので手術もできないから、ゆっくり眠らせる事にしました。
注射をして・・・だんだんうつらうつらしてくるマーリー
ずっと飼い主さんから目を離さなかった
最後に目を閉じるまで、見守り続けた飼い主・・・

キミも、ちゃんと幸せでしたか。

すごく胸にきましたね・・・
キミ「も」って所。

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
ブログ内検索

リンク
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。